読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

out of blue

Vocal / Piano /compose / Machine / Osaka,JP / Postrock /a lot of blue /AKANOTANIN

14th March : Never ending journey

寒い…!

天気予報じゃ今日16度って言ってたじゃない…!!

 

解禁となりましたこちら↓

 

f:id:alotofbluevo:20170315011455j:image

 

出演条件がバンドコラボということで

キャラも腕前もナイスなお兄様方の

marvel in vainとalobコラボとなりました

 

今でもCocco知ってる子おるんかなー?と思いつつ

この日バースデー兼企画者のヨコデさんが

えぇやん!言うたので決行します 笑

 

昔やってたバンドでは絶対に

Cocco好きやろ!」言われるくらいには

歌い方がそっくりだったらしいです

 

実際アルバムからシングルのカップリングにまで

聴き散らかし全てを記憶し

今となっては何年も聞いてないのに

まだ歌詞を見ずに歌えます 笑

気持ち悪いなぁ←

 

初めて聞いたのが同級生から借りた

「雲路の果て」なのが良かったですね

Bメロからのサビの圧感は

是非ヘッドホンで聴いていただきたい

 

ヘッドホンで聴いた中学生の前田にとっては

正しく衝撃だったのです

こんな怒り狂ったギターがあるのか、と

今まで聴いてたJ-POPが一気にアホらしくなり

その日からもうCocco一色でした

 

知らない人達に聴いていただきたい曲は

たくさんありますが←

1stのブーゲンビリアからなら

走る体→カウントダウン→首   の流れは秀悦だし

2ndのクムイウタからなら

小さな雨の日のクウァームイ→濡れた揺籠  は

コピバンで同じ流れを再現したくらいには好きです

 

あと意外と知られてませんが

「強く儚い者達」は楽曲提供で外部からの提供で

Cocco本人が作ってないので私はノーカンです

 

こんな暗い曲、嫌だ!という人は

1stのやわらかな傷跡やらひこうきぐも、

もしくは2ndのRainingやSATIEで

和むといいかと思います

 

ものすごい気持ち悪い内容のブログですが

お気づきでしょうか…

まだアルバムの1stと2ndしか語ってません←

 

3rdと4th、そして活動休止を語って

アルバムにないカップリングまで語り出すと

ただの気持ちの悪い長文になるので

明日に持ち越します(愛ゆえ)

あと2回で終わらしたい…

 

愛ゆえの誰が得するねんな内容ですが

今日までの私のバックグラウンドなのは確かなので

お付き合い下さい 笑

 

ちなみに同時期にhideも聞いてました

Xじゃなくてhideの方!

 

更にCoccoを教えてくれた友人が合わせて

フィオナアップルを貸してくれましたが

何がいいのか分からないままでした

(今聞いたら変わるのだろうか)